首の痛みはどうしたらいいのか

首が痛い そんなときには?

首の痛みはどうしたらいいのか
首の痛みはどうしたらいいのか

ほっとひと息整骨院のブログから

首の痛みやコリコリ感、ありますね。 よく言われる理由が『頭は重いのに、支える首(頸椎)が細くて小さいから無理がかかる』からです。

それに対応しようと「顔の小さなモデル体型の人」が、最近増えてきたのでしょうか? 顔長が短くて10頭身女性とか、そんな記事も読んだこともあります。

脊柱(背骨 )は、骨がクッション(椎間板)を挟んで骨盤から頭蓋骨まで一つながりになっています。 骨も椎間板も日々の暮らしの中で、圧迫されています。 真っ直ぐ地面に押し付ける圧力だけでなく、斜め方向や横方向と色々な方向から圧力がかかってきます。

といっても、その刺激で骨や筋肉は成長して強くなっていくのです。ベッドで寝たきり状態になってしまうと、途端に筋力は衰えて歩けなくなってしまいます。

では首が痛くなったときにどうしたらいいのか

と考えてみると単純に写真のように首を直接揉んでみたり、首をくねくねと回してみたり、シップなどを貼る、治療器を使ってみるなどありますね。 私は今整骨院で使っている電気治療器をつけながら、書いていますがビリビリ感じながらもキーボード操作はできるものですね。

それらで痛みが治まったら整骨院や病院にいく必要もありません。 治まらないときには病院や整骨院、マッサージ店などに行ってこようと考えます。 そして当院に来院されたとして・・・

脊柱の形や動き方を観察します

横から見た背骨(脊柱)
横から見た背骨(脊柱)

「このあたり」とあるのは、このカーブがちゃんとあるかどうか? それが頸椎・首の痛みに関連しているからです。 ベッドに仰向け(背臥位)になったときに首の角度が悪くて「首が痛い」ならば、腰の下にバスタオルなどを巻いて入れてあげると良いです。 腰椎のカーブが変わると頸椎のカーブも変化するのです。

枕販売店で、枕を見つけるときに立った姿勢で頸椎の深さを計測します。『立っている姿勢で寝るのがいい寝方』という理論があるからです。 また販売店のサンプルベッドに寝てみて、サンプル枕を入れて高さや固さを選びます。 でもぴったりくるのは難しい。 そりゃそうです。 自宅で寝ているベッドとはクッションが違うし、昼間に寝転ぶのと夜寝転ぶときは体の緊張度合いが違うからです。 また誰もが【いい姿勢で立てているわけでない】から、立ち姿勢=いい姿勢とはならないのです。

自宅にまでサンプル枕を持参してくれて、試したらベスト枕が選べる可能性は高くなるでしょう、しかも実際に寝る時間帯に! それは難しい話ですが・・・

結局どうするのか?

片野整骨院ほっとひと息サロンでは、脊柱を観察して柔軟性も確かめて、骨盤の動きも確かめます。 あと耳や目の状態も患者さんに聞いてみます。 目や耳が悪くて脳へのストレスとなって、首がコリコリになることもありますし。

それらをやってみて次は、足指の反射療法になります。

リフレクソロジーという、足裏、足指などが体の内臓などに関連している療法です。 足ツボとは別です。 足ツボって、それほど重要視されていなくて、ほとんどツボはないのです。

リフレクソロジーでも私が気に入っていて、効果的だとよく使うのが首の反射区です。 それが足の親指の付け根部分です。 これは痛いときは、とても痛い! 同じ人でも痛くないときは全然平気ですし、痛いときは飛び上がるほどに痛いのです。 痛いときには私も予感するから『痛いですよ』と予告してから触るようにしています。 それでも痛いのは痛い。

直接首の痛いところをゴリゴリ触るよりは、足指をコリコリされるほうが安全ですし、せいぜい1分間。 足指をコリコリする程度なので、耐えてもらいます。

受けている患者さんからすれば、「指がもげそうな」ほどの痛みであっても終わってみたら「あれ、首が痛くない?!」となることがほとんどです。 残念ながら100%の成功率ではありません。

それでも、あきらめないで施術します

ここには書ききれない手段方法をもって、これ以降も施術をしていますので、怖がらないで首が痛い方は来院をご検討ください。

簡単に治る程度なら自費メニューで1,800円、難しく時間もかかるなら2,800円。 いわゆる寝違えとか、重いリュックを背負って長時間歩いて首がおかしくなったとか、階段に頭をぶつけたなどは健康保険を使った治療になります。 それならば厚生労働省が定めた金額です。

厚生労働省

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)