片側の股関節が痛いときには、『ウォークサポート390』がお勧めです。

股関節サポーター

このサポーターは、片側の股関節が痛いときにお勧めです。

ウエスト部分と太もも部分を、マジックテープで締め付けるようになっています。 両側の股関節が痛いときには、これを両側につけることはできませんので別に考える必要があります。

私が今まで見せてもらった患者さんで5人は、片側の股関節が痛い方がありました。 いずれも女性で30代からでした。股関節の骨盤と大腿骨のかみ合わせが良くなくて、痛みを生じています。

今までの患者さんでバドミントンをされている方がありました。バドミントンは片足を大きく前に踏み出してスイングする機会が多いために、より傷めている股関節に負担がかかります。 それでも、バドミントンをやり続けたいという意思が強い方でした。 サポーターをつけながらバドミントンをするのはもちろんですが、仕事中でもつけているように勧めたのです。

今までの患者さんとお会いする機会がないので、サポーター着用後にどうだったのか?経過を追いかけることができていませんが。 今回は続けて通える患者さんですので、数か月はサポーター着用の経過を追いかけてみたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)