『たるみの原因は6つ』 片野整骨院ほっとひと息サロンです。

顔のマッサージ
顔のマッサージ

ネットニュースで「たるみの原因」について書かれていました。

要約するとたるみの原因は主に6つあると。

  1. コラーゲンたるみ
  2. 脂肪たるみ
  3. 筋膜たるみ
  4. 糖化たるみ
  5. むくみたるみ
  6. 筋肉たるみ
  7. 骨の縮みたるみ

といいながら7つありましたが・・・

肌、脂肪、筋膜(筋肉を包んでいる膜)、骨までが劣化して重力に負けてしまうことでたるみが発生します。 肌内部で起こる複合的な劣化現象だというのです。

その中でも重要なのが筋肉、真皮、脂肪です。

  1. コラーゲンたるみとは、真皮にあるハリや弾力を維持する成分がコラーゲンが減少するのに伴うたるみです。大人になると伸縮に弱いコラーゲンに変化してなおかつ減少していくようです。資生堂の研究では、真皮が空洞化して脂肪に置き換わることを見出しており、汗腺も萎縮していたようです。
  2. 脂肪たるみとは、脂肪が増えすぎると重みで垂れてくる。また急激に脂肪が減っても皮膚が余ってたるむ。 特にお腹の脂肪は増えやすいそうです。
  3. 筋膜たるみとは、皮膚のすぐ下から筋繊維1本1本にまで入り込む、全身を覆うように膜があります。悪い姿勢を長時間続けていてこの膜の一部がよじれてしまうと、皮膚が引っ張られてたるみにつながってしまうと。
  4. 糖化たるみとは、高血糖状態が続くと余分な糖分がタンパク質やコラーゲンと結合します。その結果コラーゲンが変性(性質が変わること)してしなやかさが無くなってシワやたるみになってしまう。
  5. むくみたるみとは、体内の水分が細胞の外に出過ぎている状態、むくみ。むくみが重りとなって、たるみを助長してしまいます。
  6. 筋肉たるみとは、抗重力筋(お腹や尻、太ももにある筋肉で姿勢維持する)や速筋繊維が加齢とともに衰えやすくなります。 その結果皮膚がたるんできます。
  7. 骨の縮みたるみとは、特に顔に影響が大きくて眼窩(目が入っている空洞 )ほお骨は縮み、アゴ先は丸くなるようです。

意識したら影響を減らせることもあります

筋膜がよじれないように、良い姿勢をとるようにすればいいのかなと思ったのですが。 仕事の姿勢は、良い姿勢とは言えないことがほとんどですね。

オペレーター
オペレーター

例えばこの姿勢って、電話オペレーターならばごく普通の姿勢です。が、左手の緊張と右手のキーボード操作、それほど上等に見えない椅子に腰かけている姿勢は、良いとは言えませんね。

こういう姿勢を毎日のように8時間近くも続けていると、知らず知らずに筋肉も筋膜も過緊張を起こしています。それが肩こりや腰痛にもなっていくのですが、皮膚のたるみやシワも作り出していたんですね。

筋肉も筋膜も、過緊張が固定されないうちにリラックスしておけば良いのですが、家に帰りついても疲れてそのまま寝てしまうと緊張がほぐれないままに朝を迎えます。そんな日々が続くとシワやたるみも固定されてきます。

シワやたるみを防ぐという面からも、同じ姿勢を長時間取らないようにすることや、こわばった部分はほぐしてから眠りにつくようにすること。

脂肪を燃焼しやすくする漢方薬もあります

お腹の脂肪は増えやすいと言われていますが、確かに実感できます。 このところも私もお腹が成長してきました・・・

そこで意識して水分を採るようにしたり、筋トレをしたり、漢方薬を飲み始めています。 お腹に脂肪がついてくると、前かがみ姿勢が苦しいし、体全体の重心バランスも変化してきます。

すると前後バランスでいうと、腰に負担がかかってきます。 腹筋で体の前方を支えているのが本来のバランスですが、お腹に脂肪という重りが付くことで背中側が、反るような姿勢を強要されてきます。それが首の後ろ側の筋肉を緊張させて、肩こりや頭痛も引き起こしかねません。

知らなかった顔の骨の縮み

顔の骨が縮むのは知らなかったです。 高齢になると目がくぼんでくるのは、見たことはありましたが、それは骨そのものが縮んでいたからなんですね。 単に痩せてきたからではなかったのです。

身長が縮むのも、背骨が曲がってくるからだけでなく、骨そのものが小さくなるからでしょうね。

筋肉の運動という刺激があることで、骨は成長します。それは長さだけでなく太さにも影響しています。筋肉が骨に付いている部分が引っ張られて、それに負けないように太く成長していくのでしょう。 すると、背骨にしても足にしても筋肉が動くことで縮んでいくスピードを遅らせることが出来るのでしょう。

単純に背伸び運動や鉄棒などにぶら下がる、ウォーキングやランニング、サイクリングなどで筋肉を通して骨に刺激を与えること。顔の骨にしても、よく笑い、しゃべることが出来ますし、マッサージを自分でしたり受けることも出来ますね。

脳細胞も縮むというから、新しい知識を入れたり感動したり、泣いたり、驚いたりという刺激を与えて脳が縮まないようにすることで、頭蓋骨が縮む時間がないほどになるかも?

 

 

O脚は真っ直ぐになるのか?片野整骨院ほっとひと息サロンです。

O脚矯正実例
O脚矯正実例

この女性患者さんの来院されたキッカケは、肩の痛みでした。

いわゆる五十肩になって1年近くも痛みが取れないし、動かせない状態でした。 病院や整骨院に通っていたそうですが、もう一つすっきりしないというので探していたのです。

肩の痛みは良くなってきたら、今度は自分のO脚を何とかしたいと思ってきたからということでした。 この写真は前身の「ほっとひと息整骨院」で撮影したものです。1週間に1回のペースで通院されました。 施術して1週間後には、ややO脚に戻っていました。そこで施術をして、真っ直ぐになって1週間。 その間にO脚にやや戻るというのを繰り返します。

O脚に限らず、猫背や骨盤の緩みは施術をしては次までに、戻るのを何度か繰り返します。 その戻り方が徐々に少なく弱くなっていくのです。 一回で、きっちりと整うことはまれです。

勉強するのと同じです

学校で先生に習ったことも20分後には42%忘れるそうですし、6日後には75%忘れるようです。

体の使い方も同じです。 体も脳からの指令で動いているから、施術して整った状態を何度も繰り返すことが大切。 文字通りに『体で覚える』まで、繰り返すのです。 O脚も、両膝の隙間が狭くなっている状態を自分でも鏡に映すなり、写真撮影する。

また歩き方も変わってきます。 太ももに力が入る感覚や足裏で地面を踏みつける感覚が、それまでとは異なります。その違いを何度も歩きながら、意識して覚えるようにする。

正常な整った状態で歩くこと、走ること、座ることを繰り返すことで脳への刺激が生まれます。新しい刺激を受けると脳は喜びます。しかも、体にとっていい刺激ですから、なんどもやりたくなります。

でも、覚えるのがつらいこともあります・・・

学校で新しい知識を教えてもらい、覚えることは楽しいのですが、つらいこともあります。 それまでの自分の知識とうまーくかみ合うような内容ならば、素直に受け取りやすい。 でも、自分のこれまでとは反する知識だと、受け取りたくない気持ちになります。

ずっとO脚だった人が、急に整ってもなにか「オカシイ」感じを持つこともあります。 「歩きにくい」と感じることもあるでしょう。 身についた習慣を切り替えるのは難しいことです。

それでも、これからの生活を想うと『いまこの時に、体を整える』ことが大切だと思うのです。 患者さんにとって、それが大事だと思うのです。

O脚のチェック
O脚のチェック

これはイラストでオーバーに描いてありますから、こんなにピッタリと両足がくっつかなくともOKです。
骨盤の広さや足の筋肉の付きかたでも、適切な隙間は変わってきます。

自分の足がO脚かどうか確かめよう!

あなたは、歩くときに、土ふまずに体重が乗っている感じがしますか?
土ふまずは、地面に触れないのですが、そこに一番体重が乗っています。
体重が乗っても、崩れないように骨や筋肉でアーチ状になっています。
その土ふまずで『地面に立つ』感覚ならば、正常な歩き方と言えるでしょう。

O脚だと、小指側、足の外側に体重が乗っています。
X脚だと、親指側に体重が乗っています。

どちらも靴底が、変なすり減り方をしているでしょう。

また、靴店などで、足の状態をチェックしてもらうことも出来ます。例えば井筒屋小倉店。
大手メーカーの靴売り場などで、足の状態をチェックできる機器を揃えているところがあります。例えばアシックスなど。
そちらを利用して、確かめるのも一方法です。

この記事も参考になります。

大阪へお寺参り 片野整骨院ほっとひと息サロンです。

一心寺

火水と大阪に里帰りしてきました。この一心寺には両親と祖母が納骨されており、骨仏となっています。 10年間に納骨された骨で仏像を建造するのです。個人や家単位のお墓でなくて、10年間に収められた方たちと共同の墓石のような感じです。

境内に足を踏み入れた瞬間から、重たいものが私の全身に覆いかぶさったようでした。顔つきも変わって言葉も出なくなりました。同行者は平気な顔でブラブラ歩いていますが、私はちょっと危険な感じのまま。

境内のベンチに腰掛けて持ち歩いていたパンの残りとジュースを食べていると、やっと重さが消えていくようでした。 参拝者が多くてロウソクと線香の煙と香が境内いっぱい満ち満ちています。線香の煙を体の悪いところに当てると良くなるという言い伝えがあるらしく、煙に包まれている人もちらほら見かけます。

私は煙で燻されるのはイヤだったので、近づかないで骨仏を見ているだけでした。 今年は両親からのメッセージもなく、最初だけ辛かったけれども無事にお参りが出来ました。

グリーンアース

それから遅い昼食を食べに行ったのがここです。

ベジタリアンカフェ グリーンアース。 入店したら外国語大学カップルが3組、先客で食事中でした。ベジタリアン系のお店には外国人客を見かける比率が高いかな?

日替わりランチ、パスタ、、大豆肉の唐揚げ(鶏肉のような食感)、デザートのケーキをいただきました。 肉、魚、卵、乳製品を使っていないビーガン料理です。

ベジタリアンと言っても分類がたくさんあるようですが、それについては省略します。

食べ終わったら、お土産を新大阪駅で買うために急いで帰り支度です。義理の父には「大阪たこ焼きの冷凍」土産を買っていきました。 なぜかたこ焼きがお好きなようなので、ぜひ大阪のタコを味わっていただきたいと。ちゃんと新大阪の土産店で販売していました! 13時間はこのまま持ち歩きOKとなってます。

たこ焼き

 

歯の痛みが改善するとき 片野整骨院ほっとひと息サロンです。

歯医者に通っても、改善しなかった歯の不調が良くなった

歯の痛みを改善するには?
歯の痛みを改善するには?

以前のブログから引き続きです。

歯科医院には長く通院されていて「もう削るところ無いですよ」と、歯医者さんから言われているほどでした。
当院には「肩が痛くて、仕方がない」という切羽詰まっ状態で、来院されたのですが、実は数年前の交通事故が原因でした。
確かに肩関節も動きが悪いのですが、それ以上におかしいのは頸椎(首の骨)でした。 話を聞いてみると、数年前に追突されたがなんともなかったので病院も行かずレントゲンも撮影しないで、放置していた。
それが今になって、悪化して肩やアゴ関節に悪影響を及ぼしていたようです。
仰向けでアゴ関節に触れてみると、特に左側に妙な固さを感じます。 ご自身も左側の歯が不調だったとのこと。

歯そのものが悪くないのに、アゴや肩に痛みが出てきている状態でした。

歯医者さんに交通事故に遭った過去まで説明していたのかは不明ですが、事故により頸椎に異常が発生。そこからの歯の不調とは予想されていなかったようです。ちなみにこの患者さんはそれ以降は調子が良くて、しばらくは来院されませんでした。

人体はすべて繋がっている

以前のブログにも書いていますが、《人体はすべて繋がっている》から物理的な面だけでなく、過去の体験からも推測することが出来ます。 神経や血管、筋肉、骨格という物理的なつながり。いわゆるツボや反射療法という物理的でない繋がり。 過去から現在という記憶の中の繋がり。

それらから推測できることで仮定を立てて、良くなるように施術していきます。そのときに悪くなるほうへ向かうのは沢山道筋があるように思います。 病気や病原体にしても、いくらでも【原因不明の難病】が出てくるように。 迷い道は沢山あるけど、良くなっていく本当の道は1本だけだと思います。

いくら一本道が通っていても、真っ暗闇では見つからない。明るいところで見たらすぐわかるけど。 この患者さんも過去の交通事故に遭ったことは、しばらく話してやっと出てきたことです。来院される皆さんが、私の想像できない体験をされています。その体験を話してもらえることが、明かりを灯すことに通じていきます。

そういえば先日の患者さんでこういう事がありました。

背中の右側を押すと、とても痛みを訴える状態が続きました。 その部分は他の患者さんにも張りが出やすい箇所なので、それが緩むような施術を続けてきました。 続けて通院されることで、背中全体の張りも改善されてきました。 なのに、一か所だけはいつまでも痛みが抜けません。

『この痛みは、何か切り傷やすり傷の痛みに似ていますが?』と言うと「あっ!思い出した。昔そこにイボが出来て病院で切り取ったんだ。確かその場所だったはず。ちょっとシャツめくって見て」と。 そこで、背中をめくって見ると確かに皮膚上に何らかの痕が残っています。その痕を押してみると「痛いわ」

手術跡は切り傷と同じです。 固くなって残っています。その痛みだったのがやっと判明しました。ということは、心配不要ということです。 といっても、来院された患者さん全員に痛いとこを目視することは難しい。 私が手指の感度を上げて、すぐに察知できるようになることですね。

 

ふくらはぎ(下腿部)が外側に膨らんでいる、いわゆる膝下O脚

膝下O脚
膝下O脚

股関節は正常な形をしているが、膝から下(下腿部)が外側に膨らんでいるのが【膝下O脚】です。 ふくらはぎの外側を使い過ぎて、筋肉が発達している状態です。 ということは、大腿部の内側を使っていません。 骨盤の締まりが悪いとこうなりやすいです。

外側の筋肉が発達しすぎて脛骨(むこうずねの骨)が、外側に曲がっていくまでになると難しくないります。骨が曲がってしまう前に、脚の使い方を整えていきましょう。

それも骨盤を引き締めることから

男性で、こんな状態になっている方が来院されました。

お腹がひょっこりと出ている
お腹がひょっこりと出ている

男性と女性は骨盤の形が異なるために、骨盤の緩みが原因の肥満でも体型が違ってきます。 男性の場合には横に広がる前に、前にお腹が突き出してくる太り方をします。 女性は横幅が広くなっていきますが、下腹がプクンとなる感じですね。

この動画は「ほっとひと息整骨院」でデモンストレーションしたものです。


患者さんによって、少々違いますが基本的には『痛くない』ことを強調してお伝えしたいです。
初めての方に最初に尋ねられるのは「痛くないですか?」決まってこれです。でも、受けてる最中も痛いという声は聞こえません。 終わってからも「肩の方が痛かった」「足裏って痛いですね」という骨盤矯正とは別の部分が痛かったという感想が聞こえてきます。

首、肩の痛みや腰の張りも骨盤矯正をすることで、改善されることが多々あります。そこも含めた施術が骨盤矯正に入っています。 料金が初回5,000円、2回目~4,000円ですが、全身を整えるメニューとみてもらうと割安だなと。

骨盤矯正