筋肉構造

60代女性 左ひざが変形性膝関節症で治療中です。 片野整骨院ほっとひと息サロンです

60代女性 左ひざが変形して治療中です

14年前に左ひざを捻って負傷しています。現在も病院で定期的なヒアルロン酸注入の治療を続けておられます。

引っ越しされたのを転機にネット検索して、当院に行き当たり来院されました。 60代女性です。

それまで通院されていた整骨院では、鍼灸治療を受けてこられいました。 「O脚の施術がないから」ということで、探されていたようです。

毎週1回はジムへ通いトレーニングを続けてこられたので、基礎体力はあるでしょうが、一つ勘違いをされていました。

下肢・おもに太ももへの意識でした

椅子などに腰かけて、太ももを上げていきます。その時に、膝が体の中心に向かって上がるのがポイントです。

膝が体と並行に上がるのは、下肢の外側を使っています。 お尻から膝についている筋肉を使っています。 それは一見楽な動きなのですが、骨盤を外に引っ張りなおかつ、ふくらはぎも外側に引っ張ります。

良く動かす筋肉は成長しますし、それが付いている骨も成長します。 外側の筋肉が成長するにつれて、骨も外側に伸ばされていくのです。 もちろん一日二日で骨が伸びることはないですが、1か月・半年もかかると伸びていくことになります。

  • 膝を上げるときは、自分のアゴに向かってあげる意識で
  • 腹筋を使ってあげるつもりで
  • 太ももの内側の筋肉を使う

この3点を意識して運動すると、数か月後には変化が見てとれるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)