片野整骨院ほっとひと息サロン 院長 のすべての投稿

「私、失敗しないので」と、言うのは当たり前

米倉涼子(42)主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」が最終回を迎えて、視聴率が25・3%(関東地区)だったようです。

決め台詞が「私、失敗しないので」というので、どんな手術の前でも十分な下調べを行っていたノートを病院長が、見ていた場面が出てきました。

また「医者にとっては、ただ1回の失敗でも患者さんからすれば、唯一の失敗なのよ」と、以前の放送で若手医者に諭していた場面もありました。

失敗しないのは当たり前

私自身も手技・施術で失敗することは考えていません。 また、私が強く押したり、効果を上げるように施術することは出来ても、あえてやらないことも多々あります。

それが患者さんにとっての負担になると予想できることは、していません。 「もうちょっと、押してほしい」や「まだスッキリしないんですが・・・」と声かけされるときも、『やりすぎは逆効果ですよ、今日はここまでにしましょう』とお答えしています。

外科手術と違って、体表に傷つけることはないのでリスクは低いですが、細心の注意を払っています。患者さんの体力や、向上心、ケガや痛みの状態、次の通院日などを考えて今どこまでやるのか?を決めています。

また、それまでにかかった病気やケガ、手術や今の暮らしぶりを尋ねて、それらも考えます。 職業によって疲れやすい負担のかかりやすい部分が決まってくるからです。

 

「筋肉をつける薬はないですか?」『ないです(キッパリ)栄養摂って運動して休養することです』

私たちの“筋肉をつくる力”は、20代をピークに徐々に衰え始め、70代では約半分に低下してしまいます。

運動して栄養摂って、休養しましょう
運動して栄養摂って、休養しましょう

ご高齢の膝が変形しており、来年手術予定の女性から尋ねられました。

いま膝がまともに動かせなくて、自宅でも歩くのがおぼつかない状態です。 それで、膝の手術をすれば歩けるようになるかな?と希望をお持ちです。

そこで私が言いました。

歩くには、筋肉が必要です

『その筋肉は、自力で運動して栄養(食事も)摂って、休養しないとつきませんよ』と。

すると、運動するのは辛いと思っておられるので「薬や注射で筋肉が付かないでしょうか?」と、尋ねてこられたのです。

成長期ならともかく、中年以降になるとよっぽどの意識と意欲と時間を掛けてやらないと、筋肉が増えるのは難しいでしょうね。 私も、そうなのですが・・・

外科手術で膝は人工関節が入って、屈伸は出来るようになるでしょう。 でも、入院している間に確実に筋力は落ちます。それを少しでも防ぐためにも、手術迄に筋肉を蓄えておきたいものです。

手術後のリハビリテーションに含まれる運動と、その前の自主的な運動。どちらが楽か?

それは、その前の自主的な運動でしょう。

膝関節が変形していると、できる運動も限られてきます。椅子こに座って、太ももを引き上げる動きをする。そのときに、太ももに重しを乗せてやってみる。 上げるときに意識するのは、膝ではなくて下腹です。腹筋を使って太ももを、引き上げるようにしていくと効果的です。

椅子に座ったままで、足関節を回してみましょう。クルクルと回せないようならば、4方向に動かすところから始めます。

足指を足の甲側に反らす、次は足裏に向けて曲げる、そして内側・外側と4方向に動かします。その4方向を連続して繋げていくと、円の動きになっていきます。 この動きはふくらはぎの筋肉を使っています。

クレアチニンとeGFR

8月中頃に病院で受けた血液検査の結果、非常に悪い数値が出たものがあり、再検査を勧められていました。

診察した医者から「これはどうしたんですか?何か変わった健康食品食べてますか?」と聞かれました。

そんなことはなかったので、驚いたのですが数値を見ると確かに体調不良そのもの。

「食べ物気をつけて、運動してください。2か月後に再検査が必要です」と、言われて検査結果表を手に病院を後にしました。

 

帰ってから、振り返ってみました。 今年の7月から転居して当院で営業するために、ろくに水分を摂らないでチラシ配りしてみたり、冷房が効いているから汗をかかない。

朝食を食べないのは、もう数十年も続けているので良いのですが、昼休みも忙しくてゆったり出来ない。 夕食もご飯に厚揚げだけ。+チョコレートや菓子パン、甘いものを食べて夜更かしするという日々を送ってきました。

 

私的には、そんなに疲れている自覚は無かったのですが、腎臓も悪くなっても初期には自覚症状が出にくい臓器と言われてます。

そこで目安になるのが クレアチニン数値です。

検査項目8月結果11月結果
クレアチニン1.040.84
eGFR57.773.8
中性脂肪18670
HDL7678
LDL134118

クレアチニンとは、筋肉運動のエネルギーとして代謝される「クレアチン」の代謝後に残る老廃物のことです。本来クレアチニンは尿と共に体外へ排出されるのですが、腎臓に不調があると体内に残ってしまいます。

それが血中クレアチニン値として計測されているのです。

 

eGFRとはそのクレアチニン値から計算された、腎臓の残存能力です。 この数字だと【腎機能は正常または軽度に低下していると推定されます。】となります。

 

前回は57.7ですので【腎機能は軽度~中等度に低下していると推定されます。CKDが疑われますから、医療機関を受診しましょう。】となります。 そりゃ、医者は驚くでしょうね。私もびっくりしましたが。腎機能をチェックしましょう このサイトで出来ます。

 

ドクダミ茶とヨモギ青汁
ドクダミ茶とヨモギ青汁中性脂肪

そこで試してみたのが、これです。 まずはどくだみ茶から。これはデトックス効果があると言われてますので、腎臓の働きをサポートしてくれると思いました。

よもぎ青汁は、よもぎを粉末にしたものでお湯やお茶に溶かして飲みます。 これも血流改善や温まる作用があるようです。

 

陶器もお気にいりのもので、長年使っています。 宮崎の陶器メーカーですが、出会ったのは神戸の友人宅でした。

宮陶のコップに入れた飲み物は、とてもまろやかになります。そのまろやかさが、私が気を送った時とそっくりなのです。 料理には調味料と一緒に愛情を降り注げば美味しくなりますが、愛の気を送るのです。

中性脂肪

中性脂肪が血液中に増加すると、動脈硬化を進める原因もになります。動脈硬化性疾患(狭心症、心筋梗塞、脳卒中など)を予防するために重要な検査になるのです。。中性脂肪の値が高い場合には動脈硬化の危険度が高く、低い場合には栄養障害も考えられるのです。

 

日本人間ドック学会の判定基準では、中性脂肪値が150~249mg/dlの場合は、要経過観察です。 前回の186は、注意が必要な数値です。

LDLコレステロールの基準値は、一般男女で60~139mg/dlですから、前回の数値は高いほうのギリギリ値とも言えますね。

 

どちらも今回の検査では、数値が下がってますので一安心。

でも私は10年以上も肉魚を食べない食生活で、脂っこいものは食べることがありません。 せいぜい鶏卵とかバター、チーズくらいです。

 

それなのに中性脂肪が上がるのは不思議だなと、常々思ってきました。 原因としては、甘い飲み物(炭酸水など)夕食の時間が決まっていない、野菜を1日に350g食べない、運動をする習慣が特にないことでしょう。

サプリメント

サプリメント

そこで、食事内容を補う意味でサプリメントの種類を増やしてみました。 紅麹が唯一、LDLを下げる効果のあるようなので購入しました。

 

アルギニン・オルニチンの組み合わせサプリメントは、数年間愛用してきて、止めた時期は疲れが溜まります。ノコギリヤシ以外は、海外からの直輸入サイトで購入した海外製サプリメント。

日本製より含有量が多くて割安になるので、よく買っています。

プラス運動の継続と就寝時刻

北九州市障害者スポーツセンター

こちらが近所にあり、利用料金も格安なので利用しています。また時々は加圧トレーニングに行きますし、定休日には足立山森林公園を散策してます。

院長がトレーニングしてます
院長がトレーニングしてます

こんな器具を使って、朝の準備時間に自己流の運動をしてみたりと。 これらが複合的に働いて、検査結果が向上したと思います。

 

60代女性 左ひざが変形性膝関節症で治療中です。 片野整骨院ほっとひと息サロンです

60代女性 左ひざが変形して治療中です

14年前に左ひざを捻って負傷しています。現在も病院で定期的なヒアルロン酸注入の治療を続けておられます。

引っ越しされたのを転機にネット検索して、当院に行き当たり来院されました。 60代女性です。

それまで通院されていた整骨院では、鍼灸治療を受けてこられいました。 「O脚の施術がないから」ということで、探されていたようです。

毎週1回はジムへ通いトレーニングを続けてこられたので、基礎体力はあるでしょうが、一つ勘違いをされていました。

下肢・おもに太ももへの意識でした

椅子などに腰かけて、太ももを上げていきます。その時に、膝が体の中心に向かって上がるのがポイントです。

膝が体と並行に上がるのは、下肢の外側を使っています。 お尻から膝についている筋肉を使っています。 それは一見楽な動きなのですが、骨盤を外に引っ張りなおかつ、ふくらはぎも外側に引っ張ります。

良く動かす筋肉は成長しますし、それが付いている骨も成長します。 外側の筋肉が成長するにつれて、骨も外側に伸ばされていくのです。 もちろん一日二日で骨が伸びることはないですが、1か月・半年もかかると伸びていくことになります。

  • 膝を上げるときは、自分のアゴに向かってあげる意識で
  • 腹筋を使ってあげるつもりで
  • 太ももの内側の筋肉を使う

この3点を意識して運動すると、数か月後には変化が見てとれるでしょう。