カテゴリー別アーカイブ: 骨盤矯正

ウエストが1センチ減ると1キロの脂肪が減る

お腹がタプタプ

おへその高さにメジャーをあてて、測ってみましょう。その1センチを減らすことで1キロの脂肪が減少しているのです。

この姿勢から、上半身を後ろに少し倒します。
  この姿勢から、上半身を後ろに少し倒します。

ウエストサイズをダウンさせたいとき、まずは腹筋運動をやってみようと思いつきます。 でも、腹筋運動とウエストサイズはまた別もの。 ウエストにくっついた脂肪分はそれでは溶けて消えていかないのです、残念ながら。

腹筋そのものは毎日は運動してやらないと、衰えるといいます。 他の筋肉は毎日トレーニングしなくとも良いまたは、休養日を作る方が筋肉が成長すると言います。

【シックスパック】と呼んで、腹筋が割れているのがとても良さげに宣伝されていますが最初から腹筋は誰でも割れています。 それが外観から見えるかどうかだけです。

その割れているのが見えないのは、脂肪分が上に覆いかぶさっているから。 その脂肪を溶かして流せば見えてきます。

私もそうなりたいなーと夢を描いて日々、EMSをお腹につけてブルブルさせてはいるのですが・・・

骨盤矯正でその場でウエストサイズダウンしたら

例えば3cmダウンしたらお腹の脂肪も3キロ、瞬間的に溶けて流れていったのでしょうか?

それはないでしょうね。

皮下脂肪や内臓脂肪の厚みは体組成計測などで測らないと、確かなことは分かりません。 それでも外観でのウエストサイズがダウンすることはあります。 しかも骨盤矯正では下腹やおへそ周辺をせっせと揉みだしているのでもありません。

骨盤が引き締まることで、お腹の中でうまーく折り合いをつけてたるんでいた部分が収まってくれるのでしょうね。

 

 

良い姿勢とは? 背骨[脊柱]の適度なカーブがあります。 片野整骨院ほっとひと息サロンです。

背骨(脊柱 )を伸ばしすぎ
背骨(脊柱 )を伸ばしすぎ

「私猫背だから・・・」

そう思い込んで、わざと胸を開いて後ろに反っている姿勢をとってしまう方がおられます。この花を持っている女性のような姿勢です。

横から見た脊柱
横から見た脊柱

この図のような、S字状のカーブがあるのが標準です。

人体には真っ直ぐというのは無い

「背中を真っ直ぐに伸ばして」と言いますが、そりゃ無理な話です。 カーブがあることで、歩いたり走ったりするときの衝撃を和らげているからです。 本当に一直線に脊柱がなってしまうと、頭にまともに衝撃が届きます。

そうならないように、腰や肩首の筋肉が過緊張を起こしてカチカチになってしまいます。また本来のカーブを保つには腹筋が働いてくれないと出来ません。

お腹側、肋骨の下方向には骨盤までの間に骨はありません。腹筋が壁のような形でついています。 腹筋が働かない、弱くなっていると腰骨【このあたり】とある部分のカーブをまっすぐに伸ばしてやらないと支えきれなくなります。

腰骨が固く緊張をもっている時間期間が長引くほどに、胸椎・頸椎までそれが伝播していくのです。 それに加えて意図的に、胸を張ろう、真っ直ぐに立とうとすることが重なってより脊柱のS字状カーブがなくなります。

伸ばしすぎの姿勢からの、カムバックを

一度背中を伸ばす姿勢が日常的になってしまうと、自分一人の意識だけでは戻りません。 中腰や前かがみや、状態を後ろに倒すことも怖くなってきます。

その状態からもとに戻るには、どうしたらいいのでしょうか?

  1. S字状カーブが本来だと思い出す
  2. 腹筋を意識する
  3. カチカチになっている肩・腰の筋肉をほぐす
  4. 一日や1週間では戻らないと覚悟を決める

この4点が大切になってきます。 また

  • 伸ばしすぎた姿勢をどれくらい続けていたか?
  • 年齢は?
  • 物覚えはいいか?

という点も影響してきます。

何年間もそうやってきたのを、急に覆すのは難しいですね。 また年齢によっても異なります。 高齢になるほどに難しくなるのはあり得ます。

物覚えが良いかどうかも、どれだけ腹筋を意識してられるかにかかってきます。 腹筋を使わないで、腰骨で立っていたり歩くときに足が上がっていなかったりすると、戻るまで長引きでしょう。

一度確かめてみましょう

ごく普通に立ってみます。その姿勢で、他の人に脊柱に沿って触れてもらいます。 そして腰の前弯、胸椎の後弯と胸椎の前弯があるのか確かめるのです。

次は椅子などに腰かけた姿勢でも、同じように触れてもらい確かめます。

腰掛け姿勢では、骨盤がちゃんと立っているかもチェックポイントです。

お一人で誰にも触れてもられないという方には、当院にお越しください。

確認させてもらいますので。

 

 

「ぎっくり腰がご縁です」患者さんの声、片野整骨院ほっとひと息サロンです。

Oさん患者さんの声

Oさん先日ぎっくり腰を患い、職場でのご縁で初めて受診したときに、腰もですが肩も石のように硬いと訴えますと、肩の施術もして頂きました。
これが当たり前と思っていた肩の状態が、驚くほど軽くなって
感激しました。
今後は定期的に通院して腰と肩の施術をして頂き、軽くなった体で
日常の生活や仕事に活かしていきたいと思っています。

当たり前と思っていた肩の重さが軽くなった

軽くなって嬉しい
軽くなって嬉しい

これまで《肩が重い》と考えもしなかったのが、1回施術を受けるだけで転換されました! 私もその患者さんの驚きようにビックリ。 とても嬉しそうな声と表情、全身で喜びを表現されました。

施術後には、特別に柔軟体操もお教えてしておきました。 寝る前に数分でも時間作って実践することで変わってきます。 特に腹筋運動がポイント。

この姿勢から、上半身を後ろに少し倒します。
この姿勢から、上半身を後ろに少し倒します。

仰向けに寝て上半身を起き上がっていくのが、一般的な腹筋運動のイメージです。この患者さんもそうしてこられました。ところが、そのやり方だと肩や首に力が入ってしまうのと腰への負担が大きくなります。 腹筋運動のつもりが、肩や首の緊張を強めるだけ。 それはもったいない。

両膝を立てた姿勢から、上半身を後ろに少し倒します。 両手はお腹に置いて腹筋を意識しましょう。 息を吐きながら上半身を倒して、吸いながら上半身を起こします。 常に腹筋が緊張している状態のままで、繰り返します。 両膝の立てる角度をきつく(体に近づける)するほどに、腹筋への効き目が強くなります。

 

ふくらはぎ(下腿部)が外側に膨らんでいる、いわゆる膝下O脚

膝下O脚
膝下O脚

股関節は正常な形をしているが、膝から下(下腿部)が外側に膨らんでいるのが【膝下O脚】です。 ふくらはぎの外側を使い過ぎて、筋肉が発達している状態です。 ということは、大腿部の内側を使っていません。 骨盤の締まりが悪いとこうなりやすいです。

外側の筋肉が発達しすぎて脛骨(むこうずねの骨)が、外側に曲がっていくまでになると難しくないります。骨が曲がってしまう前に、脚の使い方を整えていきましょう。

それも骨盤を引き締めることから

男性で、こんな状態になっている方が来院されました。

お腹がひょっこりと出ている
お腹がひょっこりと出ている

男性と女性は骨盤の形が異なるために、骨盤の緩みが原因の肥満でも体型が違ってきます。 男性の場合には横に広がる前に、前にお腹が突き出してくる太り方をします。 女性は横幅が広くなっていきますが、下腹がプクンとなる感じですね。

この動画は「ほっとひと息整骨院」でデモンストレーションしたものです。


患者さんによって、少々違いますが基本的には『痛くない』ことを強調してお伝えしたいです。
初めての方に最初に尋ねられるのは「痛くないですか?」決まってこれです。でも、受けてる最中も痛いという声は聞こえません。 終わってからも「肩の方が痛かった」「足裏って痛いですね」という骨盤矯正とは別の部分が痛かったという感想が聞こえてきます。

首、肩の痛みや腰の張りも骨盤矯正をすることで、改善されることが多々あります。そこも含めた施術が骨盤矯正に入っています。 料金が初回5,000円、2回目~4,000円ですが、全身を整えるメニューとみてもらうと割安だなと。

骨盤矯正