院長のプロフィールと、初めての方へメッセージ

2017年7月23日

当院が初めてのあなたへ・・・

2017年6月末までは、小倉北区船場町で「ほっとひと息整骨院」を開院していました。
皆さん、初めまして院長の乾(いぬい)俊夫です。

何歳になっても体や心は変化します。あきらめないで、より良い暮らしや心持ちでいられるように
そう願って、お越しになる方々に接しています。

大阪生れで、現在は北九州市小倉北区在住です。
平成26年に国家資格の柔道整復師を取得しました。
私が今の仕事を選んだ始まりは、二十歳のころでした。

姉の肩をさすったのが、始まりでした。

初めての妊娠で肩や腰が痛い姉を見て、肩や背中をさすったのが、始まりです。
その時「将来は人を癒す仕事に就きたい」と、ひらめいたけれども今の自分では経験不足。まずは地に足をつけた仕事として、農業を選びました。

そこでは、広い畑の草むしりや、キャベツの収穫、店頭販売もやりました。またニワトリや牛、豚の世話もしながら、朝から晩まで働き詰めの毎日でした。十数年たった頃、一人暮らしの母親のもとへ実家に戻ることになったのです。
大阪では、体が不自由な方を介助するホームヘルパーの仕事と巡り合いました。
そこで講習を受け資格を取得して、ヘルパー派遣事業所で仕事を始めました。

大阪から京都や神戸のお宅まで出向き、遊園地や温泉、1泊キャンプなど利用者さんと出かけていくのです。
でも仕事をしながら「なんで対人関係が、うまくいかないのかな?」と悩むことも増えてきて・・・。
「自分が一番したいことは、いったい何だろう?」と分からなくなってきたのです。
そんなときに友人から紹介されたのが「スピリチュアル(魂の)カウンセリング」でした。

私が一番、やりたかったこと

そのカウンセラーに、「自分でも、自分が何をしたくて生きているのか?わからなくなっています。自分で自分が怖い」と訴えました。
そんな私を全面的に受け入れてくれたカウンセラーに、『ほっと』魂が救われた感じがしました。

この『ほっと』した感覚が今のほっとひと息サロンの名前につながってきたのです。

何度か通ううちに、気づけたこと。それは「人の役に立ちたい、もっと人のことを知りたい、自分自身を磨きたい」という願望でした。
では実現させるには?と調べるうちに巡り合ったのが、野口整体と気功です。

野口整体とは、野口春哉師の施術法

野口春哉氏は、私の健康観・人生観の師匠と慕う先生です。お会いしたことはないのですが、著書からにじみ出てくる『人への愛情』『生命力への信頼』に心打たれました。

それは逆子になっている胎児へ、野口先生が「さかさまだよ」と呼びかけたら、クルっと正常な体位に戻ったというほどに、『心通わせている』先生でした。

そして、気功を習いました

大阪の『気功協会』の皆さんと、中国の合宿研修に参加しました。日本から30人くらい参加してのホテル合宿です。初日のレッスンで、基本の立ち方を習う時に先生が私の手に触れました。
その時、私の(心)胸の窓が開いたのを実感しました。「おーこれが気の開く感覚か!」と感激!その気功を元に屋久島で修練して生み出した健康気功を、片野整骨院で『気功講座』として開講しています。

あなたへ、心身の健康と安らぎを届けたい

カウンセリング、野口整体、気功、どれもが『心通わせる大切さ』を教えてくれました。
人と心通わなければ、本物の心身の健康と安らぎを提供できません。
あなたと心を通わせて、『あなたの心身の健康と安らぎ』を見つけ出し、お届けします。

 

 

Posted by toshi