リハビリテーションの難しさを実感しました

リハビリテーションの難しさを実感しました

北九州市小倉北区の片野整骨院ほっとひと息サロンに脳梗塞で右半身に麻痺が残り通院されていた患者さんの続きです。しばらく当院に通院されていたのですが、麻痺側の脚に痛みが強くなり通院出来なくなりました。

続けて通院されて最初より脚や口の動きが良くなって、喜んでおられました。 麻痺側の脚の痛みが急に強くなってしまいました。その時期にご家族が体調を悪くされ、心身の疲労がたまってしまったのでしょう。

どの部位で梗塞が起こったか?によって障害の出方が違います。この患者さんはお金の計算が、出来なくなっていました。数字を扱う脳が障害を受けたようです。

また時間の観念もなくなり、「今日は何日で何曜日か?そして明日は何日で何曜日なのか?」と、よく聞かれました。 また病院で医師の言葉もどこだけ理解できるのか、私の説明や話もどこまで理解して覚えているのか? そのあたりを私が把握しきれない状態になっていました。

ご家族の意見を強く覚えている患者さん

介護施設の職員や病院の医師、看護師からはダメだしすることは少ないでしょう。私からも否定する言葉を掛けることはありません。もちろん、脳神経が梗塞によって損傷を受けていることは事実ですから、伝えられます。 その損傷により手足に麻痺が出て、口の動きが悪くなり物忘れが顕著になるのも事実起こっています。

その時にご家族からの声が、とても強くご本人の印象に残っているのです。

例えば「あなたは頭が悪くなっているから、努力しても一緒」「頑張っても変わらないから、もういいよ」などの声かけは強く残ります。私も含めた医療・介護関係者10人分の言葉に匹敵するくらいの、インパクトがあるのではと思ってしまいます。

私が直接お会いできる時間は多くても週1回、数十分。その時のインパクトとほぼ毎日一緒に過ごす家族とは、与える印象は違うのはしかたないかもしれません。そのあたりに、お世話する難しさを感じます。長い年月を一緒に過ごしてきた家族からの声は、強いんですね。

リセット出来る整骨院であるように

家族からの回復とは反対方向に向けている声を聞いて、落ち込みそうな患者さんが来院するとリセット出来るような整骨院でありたいと思います。消極的な否定的な意見を聞くと、それに引っ張られることがあります。患者さんやる気を持ってリハビリ運動をしても、否定的な声に巻き込まれてしまう。

そういうときに、その気持ちをリセットできる整骨院です。本人の意欲が大事だと書きましたが、まさにそうです。リハビリ運動に限らず意欲を無くす誘惑は沢山あるのですが、自分を統一させるには気功の練習も効果があります。全身の一致です。

ちなみにこの患者さんは健康保険を使った治療でなく、自費で通院されました。続けるために無理ない金額で受けてもらいました。

小倉北区 整骨院

 

 

 

 

コメント

*