ギックリ腰、そんなときに慌てず騒がず、安静に、冷やして、整骨院へ行きましょう

ギックリ腰 やっちまったーは片野整骨院へ!
ギックリ腰 やっちまったー

北九州市小倉北区でお勤めの50代男性、スマホで「整骨院・小倉・ギックリ腰」で検索して来院されました。

シャワーを浴びて、シャンプーを使うときにギクッと

『まさか、こんなことで腰が立たないくらいに痛くなるなんてー!』そんなこと誰も思ってもいません。 ところが実際に起こってしまったのです。

前の「ほっとひと息整骨院」に通院された患者さんです。 近隣にお勤めの50代男性でした。 シャワーを浴びていて、ひょっと体をひねってシャンプーボトルを押して手のひらに取ろうとした瞬間! ギクッ!

初めてのことで驚きながらも、何とか服を着てスマホで【整骨院・小倉・ギックリ腰】などで検索。 その結果、ほっとひと息整骨院に来院するのを決められました。

ぎっくり腰の治療は、外科的ケガが無ければ早く終わります。

ヘルニアやすべり症、骨折などがあると外科的処置も必要です。 また内科的病気が腎臓や腸などにあれば、別に治療が必要です。慢性の腰痛は8割も原因不明ページにも説明しています。

整骨院で治療して完治するギックリ腰は、急性に腰骨の筋肉を傷めた(捻挫)した状況を言います。 捻挫というのは、無理な力で関節を動かしてしまい靱帯が切れたり、あるいは関節を包む関節包がケガすることです。 足首や手指だけでなく、体中のどこの関節でも起こります。

腰の骨(腰椎)が脱臼・外れてしまわないように、周辺の筋肉や靱帯は必死になって止めようとします。 通常の動き以上の負担がかかると、過緊張が起こります。 過緊張とは、筋肉がちぎれないように縮りすぎることです。

筋肉は短縮して力を発揮しますが、伸びているから短縮できます。 ところが過緊張で最小に短縮した筋肉は、自力では伸びてリラックス出来なくなっています。 ちょうど、親に怒られすぎて萎縮している子供のような状態です。 子供が自ら萎縮から解放されるのは難しい。 周囲の親以外の人たちが、慰めたり励ましたりして徐々に回復していきますね。

筋肉も、そのように徐々になだめるようにさすったり、軽く押したりして回復するようにしていきます。 人の体で面白いのは「一見関係なさそうな部分でも関係している」ことです。

腰が痛いときに足裏を強く押されて「痛いー」と叫んだら、気が付けば腰が痛くない。ということもあるのです。 話を簡単にするために極端な例を出しましたが、そういう思いもしなかった関係性を見つけて施術する。 そうして患者さんの負担が少なくて、効果の高い施術をできるのが『上手な整骨院』と私は思っています。

患者さんから「なんで?足の指を触ったら首の痛みが取れるの? 関係あるのかな」とよく聞かれます。体で関係ないところは、ありません。 その関係性が強いか弱いか、すぐに反応するかか遅れてくるか、正比例か反比例かなどの違いはあります。

急いで施術をしません

痛くて痛くてたまらない状態で来院されるのですが、当院ではすぐに施術はしません。まずは痛めた状況をお聞きしてこれまでのケガや病気の有無を確かめます。内臓の病気や手術の経験がある方は、とくに注意が必要だからです。そしてベッドまで移動するときの歩き方もじっくりと見ています。

さてギックリ腰でも、どの姿勢が一番痛いのか?は個人差があります。痛い箇所も腰の真ん中や右・左と偏っていることも多いです。ベッドでの姿勢も横向きが良いのか、仰向けが良いのかも異なります。横向けでも脚を伸ばした方が楽なのか、曲げたほうがいいのか?

いざ施術を始めるときも、痛い部分の熱感があればコールドスプレーで一気に冷やします。痛めた当初は熱感がありますが、少し熱を冷ますほうが患者さんが楽なるのです。冷やしすぎも回復が遅れることがあるので、状態を見極めながらしています。

ある程度患者さんの状態が落ち着いてきたら施術を始めますが、大きく二つに分かれます。それは

  • 痛い部分を直接刺激する⇒腰に熱感がないとき
  • 足など、離れた部分を刺激する⇒腰に熱感が強いとき

の二つです。 ギクッとなった腰に指圧などで直接しげきをするか、足など関係なさそうな部分に刺激するかです。熱感は炎症を起こしているから、直接刺激すると広まってしまいます。だから遠い部分の足などにしていきます。患者さんの身体によっては肩や首を刺激することもありました。

熱感がないときには直接、痛い部分を刺激してゆるめるほうが効果的なことが多いです。直接されたら患者さんには、とても痛いのは痛いですが。患者さんの痛みへの耐久力が、どれほどあるか?にも関係しています。

良くなるまで、およそ3~5回の通院です

患者さんの痛みへの耐久性や痛めた腰の状態に左右されますが、およそ3~5回の通院で改善される方が多いです。早い方は初回の施術を受けて、テーピング処置をしただけで良くなった女性患者さんもありました。来院されないと『あれから腰はどうされているかな』と気になるのですが、痛くないから来院されないだろうと解釈しています。

忘れたころにその初回だけの患者さんの紹介で、家族やお友達が来院されることもありますので。初回だけで良くなったことが人づてに分かったこともありました。

健康保険を使った治療も受けられます。

小倉北区 整骨院

 

 

 

コメント

*