枕を抱えて読書していたら、左肩を捻って痛い!

夜中に激痛で肩が動かせない

北九州市小倉北区の片野整骨院ほっとひと息サロン院長の乾です。定期的に通院されている40代女性、介護関係の仕事をされています。車通勤で歩かないので遠出したときに、足腰を痛めて通院されていました。

今回は、肩甲骨から肩の痛みで来院されました。夜中まくらを抱えてうつ伏せで読書をしていたときに、いきないり痛みが発生。「ギックリ肩でしょ?」と言われましたが、まーそんなのはないです。

肩甲骨を動かしている筋肉に強い緊張が起こり、それがケイレンした状態です。ギックリ腰と状況は似ているから「ギックリ肩」と言ってもいいかも?
五十肩の説明、片野整骨院小倉北区

痛い部分が熱っぽいかどうか?

ギックリ腰と同じように、まず痛む部分が熱っぽいかどうか確かめます。熱っぽいのは炎症を起こしているからで、その時にはコールドスプレーや保冷剤などで冷やします。

当院では痛い部分が熱っぽくなければ直接的に刺激して、こわばりをほぐします。熱があれば直接的に刺激を行なわなず、離れた部分からほぐします。肩なら足の小指側の甲部分を押してみると、とても痛かったりします。そこが足反射区の肩に効く部分なのです。

関節や骨に異常がなければ筋肉の緊張が取れると痛みも軽くなり、動きやすくなります。雨降り後の水たまりのように、一度傷めた筋肉はしばらくは痛みが残っても正常です。痛みがすぐに取れないものとして、動かす範囲や強さを加減して数日過ごしましょう。

電気治療とテーピング

この患者さんには痛みの強い部分に電気治療器をあて筋肉を柔らかくして、キネシオテーピングをしています。キネシオテープは伸縮性のあるテープで、薬品は使っていません。ある程度の動きの制限をかけて動き過ぎないようにしています。

よくあるのが「痛みが取れたかどうか?確かめます」と言いつつ《動かしすぎる》ことです。痛みが軽くなったからといって、以前より動かしてしまい又痛みを引き起こすこと。痛みが軽くなったのが物足りないかのように、痛みが出る場所へ動かしてまで、痛みを引き起こそうとする方があるのです。

さきほど書いたように、痛みはしばらく残っても正常です。

小倉北区 整骨院

 

予約状況を見ながら、簡単予約できます

片野整骨院ほっとひと息サロン お化粧でなく骨盤矯正で変わります

片野整骨院ほっとひと息サロンの予約はリフレから出来ます
EPARK からだリフレの予約サイトへ

LINE@から1:1トークで、手軽にご予約

友だち追加初めて割りクーポンを配信中。

今日と明日はお電話で。093-482-2010

スマホはタップで電話。パソコンではかかりません。

受付時間とアクセス

片野整骨院ほっとひと息サロン 受付時間

片野整骨院ほっとひと息サロンへの地図

すぐに電話する