寒い季節に、下半身の血行を良くする方法は?

下半身のストレッチも小倉北区片野整骨院北九州市小倉北区の片野整骨院に来院された患者さんから、
「先生、わたしは下半身に、もともと汗かかないんです。でも足先がいつも冷たい。夏の夜寝るときにはクーラーかけて布団かぶって寝てます」「足には着圧ソックスはいてるけど、どうなんでしょう?」と聞かれました。
私からは、
『着圧ソックスは足先からふくらはぎまで、強く握られているのと同じです。夜眠るときには着けないほうが良いと思います』と答えました。いくら足先が冷えるからといっても、一晩中強く握られたままだと、血流が悪くなりますね。

写真のように太ももの内側を引き延ばすのも、血流改善に効果があります。ポイントは真横に脚を引き上げることです。

鼠径部をホットパックで温める

そこで、背臥位(仰向け)になったときに、鼠径部(そけいぶ)にホットパックを載せました。鼠径部とはいわゆる、脚の付け根ですね。 ホットパックは電子レンジで1分間加熱しますが、手に持つと結構熱い。タオルに包んでいますが、すぐには熱を感じないようでした。

2分後に「あっ、膝まで急に暖かい感じがしました」の声がでました。 鼠径部は脚へ向かっていく血管や神経の通り道です。そこを通るときに血管も温められるのです。でも患者さんの足先までは温かさが届いていません。素足の足指に触れてみると、さっきよりは温かみを感じます。 足裏にも、ほのかにぬくもりがあります。

もう一つホットパックがあれば、膝の裏を温めると足先まで伝わります。膝の裏側を血管、神経が通っていくからです。ホットパックがなければ、膝裏を重点的に押しほぐしてやると足先も温かくなってきます。

気温が高いから、血行が良くなるとは限らない

いくら夏場で気温が高いからといって、全身の血行が良いとは限らないです。それはホメオスタシスという働きです。

日本語では「生体恒常性」と呼ばれる、生物としての重要な概念です。気温や湿度など環境の変化にストレートに体が同調しないようにする働きです。体温,血液量などが急激に変わらないよう,健康に過ごせるように保持しようとします。

ホルモンと神経系で調節しています。その働きが壊れてしまって、体温や血液量や血液成分が正常範囲を超えてしまうのが、病気となります。そして自然治癒は、ホメオスタシスの働きです。

と言うことは

季節を問わずに、血行が悪い部分は意識して良くすること

整骨院内はエアコンで快適温度になっていますが、全身の血行はどうか? ご家庭や職場でもエアコンで涼しいを通り過ぎて、冷えすぎることがあるでしょう。体温も身体の中心部と足先や手先の皮膚温度は違いますが、その差が大きすぎるのは悪影響。

また体に汗かかないけど、髪の毛は汗びっしょりという話を聞きます。 汗腺(汗の出てくる皮膚上の穴)は足から衰えてくるようで、頭・脳が熱に弱いので守るために頭の汗腺は最後まで残るようです。これは体質的に汗腺が少ない人もありますので、必ずしも年齢によるものではありません。

シャワーだけでなく、湯舟に全身を浸かって血行をよくすることが言われています。ホットパックまで購入しなくても、お湯で絞ったタオルを使うなど工夫は出来ます。

心臓を出発点にした全身の一筆書きのような血管です。一か所が滞っていると心臓へ戻る血液量が少なくなります。そうなると脳や足先、手先への血流が少なく調整されてきます。 鼠径部は大きな血管の通り道ですが、普段から圧迫されやすい箇所です。 足先が冷える方は、鼠径部を温めるのが効果的だと言えます。

優しく患者さんに接するのページもご覧ください。

小倉北区 整骨院

 

予約状況を見ながら、簡単予約できます

片野整骨院ほっとひと息サロン お化粧でなく骨盤矯正で変わります

片野整骨院ほっとひと息サロンの予約はリフレから出来ます
EPARK からだリフレの予約サイトへ

LINE@から1:1トークで、手軽にご予約

友だち追加初めて割りクーポンを配信中。

今日と明日はお電話で。093-482-2010

スマホはタップで電話。パソコンではかかりません。

受付時間とアクセス

片野整骨院ほっとひと息サロン 受付時間

片野整骨院ほっとひと息サロンへの地図

すぐに電話する