電話する予約簡単です

「左側の股関節が痛い、歩くときに違和感があります」骨盤矯正やってみましたが・・・

「左側の股関節が痛い、歩くときに違和感があります」骨盤矯正やってみましたが・・・
股関節を内側に圧迫します
股関節を内側に圧迫します

この画像はメーカーサイトからの転載です。

骨盤矯正を受けた30代女性患者さんに提供しました。

骨盤矯正を受けた方、ほとんどがその場でウエストやヒップサイズがダウンします。 でも、その方はウエストサイズがアップしました! これは初めてのことでビックリしましたが、ヒップサイズはダウンしたのです?

ヒップとは骨盤の一番下にあたります。骨盤自体が引き締まって、ウエストにお肉が盛り上がっていったのか?と思います。

骨盤が締まると脚を伸ばして足首を反らしたまま、親指同士をくっつけたときに、離れないくらいにしっかりと締まります。
 

この写真のように、指先まで力が入るようになるのです。

ところがこの患者さんは、指先まで力が入ってこない。 膝や、ふくらはぎまでは力が入るのですが、そこから先がダメ。 こんな状態でした。

左股関節が歩くときに、痛みがあります

その話をされたので、初回は股関節に低周波治療器を当ててテーピングをしておきました。 その日のうちに、股関節サポーターを注文して2回目の来院されたときに、お渡ししたのです。


この写真では腰に巻くベルトと、太ももに巻くベルトの交差する部分=一番圧力が強い部分、を体の真横につけています。 これだと「体が横に引っ張られるー」と患者さんが言いました。

そこで、交差する部分を太ももの前方向にずらしました。すると、歩く方向に向かって引っ張られるような感じになったようです。

サポーター着用すると、足指まで力が入りました

サポーター着用したままで、もう一度足先まで締まるのか?確かめてみました。

すると無事に足指まで力が入って、締めることが出来たのです。
良かったー。

サポーターは肌着の上から着用するほうが効果があるでしょうが、股間に近い位置で止めることもあり皮膚への刺激が強くなります。そこで今回は、ジーパンの上から着用してもらうことにしました。

 

コメント

*