電話する予約簡単です

癒しの手、片野整骨院ほっとひと息サロンです。

癒しの手、片野整骨院ほっとひと息サロンです。

有るレベルを超えたら大して手技に違いはないです

骨盤矯正を続けて受けておられる女性とのやり取りです。
お腹周りが劇的にほっそりして、姿勢も良くなって昔のスカートもウエストに余裕が出来てきたと喜ばれていました。
その方が、「私いま精神的に参っているの」と話されます。
「こういう施術は精神面にも影響があるんですか?」と尋ねられました。

もちろんです。 半分以上はそうだと思います。 施術技術もある程度までいったら、誰がやっても大して違いはないですから』
「へーそうなんですか」
『やる人の精神状態が、大きな影響を与えますから』と答えました。
「あー受けているほうでなく、される先生の精神状態がね」

施術するほうが問題です。

私は触れなくとも患者さんの状態が分かる部分もあるし、触れたり押したりしたときに内面的な状態、心や内臓からの反応も受けとっています。

X線検査では、調べる人の心境は関係ないです。 手順どおりにすれば同じようにX線が照射するように設計されているからです。 私が体に触れて感じるときには、私から患者さんにX線に代わる≪何か≫を発射しているのです。当然それは患者さんに伝わります。

男女が初めて相手の手に触れるときに、震えていたり緊張していると、伝わってしまいますね。 それと同じです。
人から発射するものは無機質なものでなくて有機質なものです。
「無機質」とは、金属、岩石、鉱物、ガラスなど、生命活動がないものを言います。
有機質とは生命そのものです。

生命が持っている大切なもの、それは愛情だと思います。

私が愛情を持って患者さんを観察して、触れたり、判断した時には愛情を伴って答えがかえってきます。
私から、無機質なものを発射したら、その反応には生命がありません。
お互いが冷たいものをやり取りしているのです。

整骨院ではX線などの検査機器は使えません。だからこそ、自らの目や耳、手で観察する、話を聞く、直接触れてみる。 愛を持ってこちらから関わることで、患者さんからも愛をもった反応がかえってくる。
そのやりとりを、整骨院に入ってきてから退出されるまでずっと続けているのです。

コメント

*