電話する予約簡単です

膝関節手術

膝関節手術
膝が痛い
膝が痛い

左ひざを手術して人工関節の患者さんのお話です。

膝関節

1年前に外科手術を受けて、毎月1回は外科外来に通院されています。

手術した足のしびれは取れません

と執刀医から説明を受けたそうです。 膝を完全に屈曲することが出来ません。 ちょうどお皿の骨を縦真っ二つに切った手術跡が残っています。 膝を伸展 ・伸ばしきるのは綺麗にできるから、手術は成功しています。 あとはどこまで膝を曲げることが出来るか? 目安としては正座したいというご希望があります。

当院に通い始めて丁度1か月。週1回のペースです。 「この頃足のしびれがなくなりました!お医者さんからは『しびれは残ります』と言われていたのにー」と、おっしゃいます。

手術した部分だけでなく、反対側の足も動かすこと

執刀医からすれば、手術した足の状態が気になります。 実際にどういう状態の膝関節を手術して、どうなっているのかを一番ご存知ですから。

ところが私にはその状況は分かりません。 術前、術後のレントゲンなどを見せてもらうこともないですから、今の患者さんの状態を観察することです。 またお話を聞かせてもらうことです。

左足を手術したら、かばうために右足も悪くなることが多々あります。 ということは、右足をしっかりと意識して動かすことや、ほぐしてあげることが左足にもいい影響を生み出すことが予想されます。

片足だけ手術しているのに、両足ともに負担がかかっている状態。 手術はある面では【意図した外傷】です。 意図した外傷を乗り越えるには、反対側の足にも十分に頑張ってもらう必要があります。 それならば、反対側も動かしてあげたり、ストレッチをしてほぐしてあげましょう。

また、手術の影響は、その部分を支配している脳にも影響を及ぼします。 脳は直接触れてマッサージはできないので、そこへのけつをよくする施術をします。 首や肩、鎖骨のあたりをほぐしてあげるのです。

外科と整骨院の役割分担をします

整骨院では手術して病院でのリハビリテーションを、卒業している状態の患者さんをみます。そのときには、手術している部分だけでなく全身をみます。 外科などは、各臓器による専門可が進んでいます。脳・心臓・関節など、より専門的なことされます。

当院はそこまで専門的なことはできません。 が、患者さんを全体的にみることは出来ます。

そこが当院の長所ではないかと思っています。

 

 

 

 

コメント

*