電話する予約簡単です

顎関節症に効果がありそうな、磁気治療器

顎関節症に効果がありそうな、磁気治療器
左アゴがカクカクする患者さんに磁気治療器を貼りました
左アゴがカクカクする患者さんに磁気治療器を貼りました

最初はギックリ腰で来院された患者さんです。 腰の痛みもやわらいできたので、「じゃ、骨盤矯正をやってみます」となりました。

その時の体調に合わせて、骨盤矯正をしたり、腰や肩の痛みをほぐしたりと施術をしてきました。 先日「頸椎の7番目でどこですか?」と尋ねられました。

「そこから下に4つ目の骨を押したら、顎関節症に効果がある。とネットで見ました」と話しが続きます。

その部分を指圧や刺激したら顎関節症に効果があるとは初耳!試しに押してみたのですが、なんとも手ごたえがありません。 そのネット情報は体験談のようなブログでしたが、とりあえずその部分に磁気治療器を貼り付けました。

それと、この写真にあるような首の根本にも貼り付けます。 この部分を刺激するとアゴを開閉したときに、微妙に動きます。

押したままアゴを開閉してもらうと、楽に動かせるようです。 そこで、《ここなら効果があるだろう》と見込んで貼ってみました。

顎関節症かな?と思う方は歯科で検査を受けましょう

この患者さんも歯科に受診して『歯からくるものではありません』と診断されています。 精神的なストレスから発生しているようでした。

アゴ関節は開閉するときに《亜脱臼》しています。 亜脱臼とは、外れる(脱臼)直前と考えてみてください。 これは元々のアゴ関節が、そうなっているので異常ではありません。

その開閉するときの、亜脱臼度合いがひどいと外れてしまったり、カクカク音が鳴ったりの症状になります。 今までも数人の顎関節症の患者さんをみましたが、なかなか改善するのは難しいです。

アゴやほっぺたに、ずっとテーピングしているわけにもいきませんし。調子悪いときに、アゴ関節が整うように施術をする程度でした。

今回の磁気治療器を使うのが、どう効果が出てくるのか?

次回の通院時にお尋ねします。

効果ありました!

上記の続きです。

通院されたときに尋ねましたら「効果ある!」とのお返事。 「気持ちの問題かな?」と続きましたが、実際にアゴ関節が楽になればそれでOKでしょうと。

歯科医では「関節の問題ではない」と診断されているので、気持ちの面でリラックスできたなら、磁気治療器も有効だと言えます。

今回の通院では取り外していますが、この先調子が悪くなったら再度張り付ける予定です。

コメント

*