電話する予約簡単です

60代女性 左ひざの変形性膝関節症を治療しながら、片野整骨院へ通院

 

片野整骨院ほっとひと息サロンに通院、膝変形証の患者さん

60代女性 左ひざが変形して治療中です。14年前に左ひざを捻ってケガをして、病院で定期的なヒアルロン酸注入の治療を続けておられます。引っ越しを転機にネット検索して、片野整骨院ほっとひと息サロンに来院されました。 北九州市在住の60代女性です。

それまで通院された整骨院では、鍼灸治療を受けていたのですが「O脚の施術がないから」と、探されていたようです。毎週1回はジムへ通いトレーニングを続けてこられたので、基礎体力はありますが、一つ勘違いをされていました。

下肢・おもに太ももへの意識でした

椅子などに腰かけて、太ももを上げていきます。その時に、膝が体の中心に向かって上がるのがポイントです。

膝が体と並行に上がるのは、下肢の外側を使っています。 お尻から膝についている筋肉を使っています。 それは一見楽な動きなのですが、骨盤を外に引っ張りなおかつ、ふくらはぎも外側に引っ張ります。

良く動かす筋肉は成長しますし、それが付いている骨も成長します。 外側の筋肉が成長するにつれて、骨も外側に伸ばされていくのです。 もちろん一日二日で骨が伸びることはないですが、1か月・半年もかかると伸びていくことになります。

  • 膝を上げるときは、自分のアゴに向かってあげる意識で
  • 腹筋を使ってあげるつもりで
  • 太ももの内側の筋肉を使う

この3点を意識して運動すると、数か月後には筋肉もついています。

整形外科との併用も可能です

病院での治療と整骨院での施術を同時期に受けることが出来ます。ただし次の条件があります。

  • 整形外科と同じ日に整骨院を受診すると、整骨院では保険は使えません。
  • 整形外科と同じ部位を整骨院で保険は使えません。
  • 整形外科でシップや痛み止めなどを処方されている期間は、整骨院で保険は使えません。

以上のような状況では、整骨院で健康保険を使った治療は出来なくなります。整形外科と整骨院・接骨院で取り扱うケガの内容が重なっているからです。両方で同時期に治療を受けると濃厚治療で、良いとされないのです。

ではどうしたら、良いのか?といいますと

  • 整形外科とは違う日に、整骨院に通院する。
  • 整形外科で診てもらっていない部位を、整骨院で施術する。
  • 整形外科でシップや痛み止めを処方されている期間は、整骨院では自費メニューを受ける。

これ以外の注意点があります。それは、整骨院・接骨院を同じ月内で「ハシゴ受診」をしないことです。

例えば、8月1日にA整骨院で健康保険を使った治療。8月8日にB整骨院で研究使った治療。8月15日に再度A整骨院で健康保険を使った治療を受けた。 これがいわゆる「ハシゴ受診」で、健康保険を使う事が認められません。

この例だと8月15日のA整骨院へ通院したのが、アウトなのです。8月中はB整骨院だけならOK。もしくはC整骨院なりD整骨院に変わっていくのはOKです。 ただし旅行などで遠方でケガをして、旅行先の整骨院に健康保険を使った治療を受けてもOKです。日常的に通える範囲で整骨院を行ったり来たりするのが、認められません。

健康保険は月単位で保険組合へ整骨院から請求しますので、月が替わればA整骨院に通うのはOKになります。

健康保険を使った治療については厚生労働省が定める規則に沿って片野整骨院ほっとひと息サロンで実施しています。不明点は厚生労働省や最寄りの保健所などで確認されますように。地域の保健所が実務面で整骨院を監督しています。

小倉北 整骨院

 

4,000円無料キャンペーン中です。

11月末までに予約して、12月15日までに来院されると4,000円無料キャンペーン中です。【からだリフレ】からのご予約に限ります。
片野整骨院ほっとひと息サロン お化粧でなく骨盤矯正で変わります

片野整骨院ほっとひと息サロンの予約はリフレから出来ます
4,000円無料キャンペーン、専用ページ。11月末までにご予約限定。

LINE@から1:1トークで、手軽にご予約

友だち追加初めて割りクーポンを配信中。

今日と明日はお電話で。093-482-2010

スマホはタップで電話。パソコンではかかりません。

受付時間とアクセス

片野整骨院ほっとひと息サロン 受付時間

片野整骨院ほっとひと息サロンへの地図