電話する予約簡単です

綺麗に歩く、階段の上り下りが楽になるのは重心移動

綺麗に歩く、階段の上り下りが楽になるのは重心移動

モデルウォークは危険?

ファッションショーなどでモデルさんが歩くのは、両足が一本レールの上を歩くような感じですね。股関節をねじって両膝がぶつかりそうです。

骨盤も左右に大きく振れています。

あれは特別な状況ですから良いのですが、普段の歩きでは危なかっしいですね。

そこで、この動画で説明しているように《2本のレール上を左右の足がそれぞれ歩いていく》イメージなのです。

そのときに《膝は体の中心に向かってあげる》《つま先は進行方向に対して、やや外向き》に注目してください。

重心がかかっている方が伸びる

動画で説明していますが、直立しているときには《頭の中心から体の中を通って、両くるぶしの間》に重心線が抜けていきます。それが一番姿勢が伸びている状態です。

操り人形のように、天井から吊り下げられているイメージです。

その重心をかかと側に移動します。

すると、《体は後ろでなく、前に倒れていきます》

つま先に重心移動すると《体は後ろに倒れていきます》

このことが、納得できない方もいらっしゃいます。 整骨院で講座をしたときに、何人かは《かかと側に重心移動すると、後ろに倒れる》のです。

階段は、かかとまでしっかりと段差に踏むこむ

観察しているとほとんどの人が、階段の段差につま先だけを掛けて上がっていきます。 そうすると、かかとからアキレス腱が伸ばせないままです。 膝や太もも、腰に負担がかかる上がり方になっています。

階段を降りるときには、かかとだけを着いてつま先が段差からはみ出ている体勢です。 これも腰や膝に体重がかかります。

かかとをつけて、アキレス腱から太ももの後ろ、腰を伸ばして上がっていく。 

つま先が段差からはみ出ないように、かかとから降りていく。

これでやってみてください。

コメント

*