うつ伏せになったら、胸椎(肋骨のついている骨)のマッサージ

お母さんが施術中に、2台並べたベッドに寝転んで待っている3か月の赤ちゃん。途中で母乳を飲んで機嫌よくなってくると、コロンとうつ伏せに。少しずつ頭を持ち上げるようになってきました。

小倉北区の片野整骨院では、赤ちゃんもOKです
寝返り赤ちゃん

それを見て閃いたのは、背骨(胸椎)をマッサージしてあげること。
横向きにして胸椎をさすってあげると、気持ち良い表情をします。ちょうど左右の肩甲骨のあいだです。 大人の中指・小指で軽くつつく感覚でちょうどいい強さになります。
時間は15秒程度、ほんの少しで良いですね。お母さんがしたときの表情は何とも言えない、ご満悦の顔。

短い時間に効果的にマッサージしましょう

いくら赤ちゃんが気持ちよさそうでも、短い時間で十分。 大人も、肩や腰を押されて気持ちいいと言っても【ちょうどいい】時間があります。

強い力で長時間押すと、受け取るエネルギーも大きくなります。 赤ちゃんが受け取るエネルギーが大きすぎると、体全体に与える影響が大きくなるということです。大人との体格差があるから、短時間で十分な効果が見込めるのです。

食べすぎがあるように、マッサージもマッサージされすぎがあります。 筋肉のこわばりをほぐしてあげるときも、ほぐしすぎがあります。それがいわゆる『揉み返し』です。 カニ蒲鉾のように、筋肉繊維がボロボロになるようなイメージです。

大人の場合には、こわばった筋肉がほぐれる一歩手前で止めます。 あとは、自己回復力でほぐれていくのを待つのです。 赤ちゃんに、ほぐれるという感覚はないから、より慎重な刺激になります。それで15秒間と区切っています。

仰向けになった時には、足裏をつつく

では赤ちゃんが仰向けになったときには、どうしたらいいでしょうか?両脚を伸ばした状態で、片方ずつ足裏を人差し指でチョンチョンとつつきます。 左右交互につついて、反応を比べます。反応がにぶいほうの足首を親指と人差し指で丸くつかんで、ゆっくりと1センチ引きます

1回か2回、足首を引けばOKです。その後、もう一度足裏をチョンとつついてください。左右の反応が揃っていませんか?

赤ちゃんの成長は全身が均等に伸びていくのでなく、部分的に成長していきます。腕が太くなってきたり、足がしっかりとしたり、胸が広くなってきたりと様々な変化をしていきます。

その成長過程に合わせて親からの適度なマッサージがあると、赤ちゃんとのスキンシップが深くなっていきます。

赤ちゃんを抱っこするときには、頭の重みに注意して

赤ちゃんは自分を支えるための筋肉も骨格も成長途中なので、とても不安定なバランスです。だっこして母乳を与えるときにも、頭の重さが辛いときもあるでしょう。

それでも、頭を絶対に落とさないことが重要です。ポイントは頭とお尻のバランスをとること。お尻を基盤にして抱っこして、頭と首をコントロールする感じで抱えます。

骨盤に脊柱・背骨が乗っており、その先端に頭・頭蓋骨がついています。首が座り、そして歩けるようになる過程で背骨のカーブが出来てきます。それまでは、赤ちゃん自身では支えきれません。ですから抱っこする大人が、背骨代わりに支えていると言えます。

1歳の子どもと来院されたお母さんもいらっしゃいます。赤ちゃんやお子さん連れでも安心してお越しいただけます。

小倉北区 整骨院

予約状況を見ながら、簡単予約できます

片野整骨院ほっとひと息サロン お化粧でなく骨盤矯正で変わります

片野整骨院ほっとひと息サロンの予約はリフレから出来ます
EPARK からだリフレの予約サイトへ

LINE@から1:1トークで、手軽にご予約

友だち追加初めて割りクーポンを配信中。

今日と明日はお電話で。093-482-2010

スマホはタップで電話。パソコンではかかりません。

受付時間とアクセス

片野整骨院ほっとひと息サロン 受付時間

片野整骨院ほっとひと息サロンへの地図

すぐに電話する