電話する予約簡単です

脳梗塞で片麻痺が残っている患者さんの話です

脳梗塞で片麻痺が残っている患者さんの話です
片麻痺で杖をつく女性
片麻痺で杖をつく女性

右手、右足がマヒして動かせないのですが、実は動かせるのです。
施術ベッドにあおむけ(背臥位)になって、「右足を動かしてください」と声掛けすると足首をくるくると動かします。
膝を曲げることも伸ばすこともできます。
また右手を動かして肘を伸ばすこともできました。
その様子を動画に撮って、1分後にご本人に見せると
「あら!動いているわ。全然わからなかった」と驚かれました。
動画のご自分で動いているのを見るたびに、驚きの声が上がります。
私からは何度も≪自分で動いているのを忘れないようにしてください≫と
繰り返します。

脳梗塞で脳神経が壊れたから手足が動かないのですが、

動かしている自覚も記憶もない。

これは私にとってもショックでした。
デイサービスでのリハビリ体操を始める時に「今日は何年何月、何日何曜日でしょう?」と、スタッフから利用者さんに問いかけています。
それを毎日、毎回繰り返しているのですが、『そんな単純なことを聞かれる利用者さんは、どう思っているのかな?』と常々感じていました。
でも、忘れてしまっているから、どうってことないんでしょうね、多分。

その患者さんは友達から「動かないなら、もうあきらめなさいよ」とよく言われるそうです。でもご本人は「あきらめたくない」気持ちはあるのですが、その気持ちを行動に移すために脳が働かない。
整骨院で使っている低周波治療器を右腕や右足につけていますが、やや感じる程度で目覚ましい効果は見られません。
治療器メーカーに問い合わせて効果が見込める治療器を手配しているところです。

コメント

*