コールセンターで肩、首、耳が痛い よくなるのかな?

コールセンターで肩、首、耳が痛い よくなるのかな?

北九州市小倉北区の片野整骨院ほっとひと息サロン院長の乾です。私もコールセンターでヘッドセットをつけて発信業務をしたことがあります。自動的に発信されて、電話相手の情報を見ながら営業トークをする。55分間ひたすらしゃべって、5分間休憩というサイクルを朝9時から夜8時まで。 パートタイマーだったので、一日4時間ほどの勤務でしたが最初の電話は緊張しまくり。この話はこのくらいにして・・・

小倉北区の片野整骨院ほっとひと息サロンで首肩腕のストレッチ

肝心なストレッチは、これです

  • 受話器を持っているなら、そちらの腕を伸ばして反対側の腕は曲げます。
  • モニターから目を離して閉じましょう。
  • 鼻から強く早く息を吸って、肩甲骨を背骨にくっつけるようにします。
  • 吸いきったら一瞬止めて、口から「はーーーー」と長くだします。
  • ヘッドセットで受話器を持たない方は、利き耳(よく話しを聞いている側)の腕を伸ばします。

曲げている腕を伸ばすときに、反対側の腕を曲げるのがポイントです。しっかりと伸ばす、くっきりと曲げる。このメリハリをつけるのが効果を生みます。またモニターを見つめていると目が疲れて、それが頭から首へと伝わります。ですので目も閉じます。

話をしているときの呼吸は無意識で自動的に行われます。それを意識すると、頭の回路がぱっと切り替わります。仕事モードから休憩モードになるのです。息を吸うよりも吐き出していくほうに重点を置きましょう。吐きだす空気が多いほどに、吸い込む空気も増えてきます。

ハイ、続いては耳です。

耳を、ほぐすのがポイント

耳は軟骨ですから、自分で揉んでも痛くないのが正常です。ところが、とても痛い部分があったりするわけです。 もちろん切り傷や擦り傷がないのが前提です。
耳の上部は上方向へ持ち上げるように、横部分は真横に引っ張り、耳たぶ(下部分)はクリクリともみほぐすようにします。
耳穴には人差し指を差し入れて、クーと押しつけスポッと栓を引き抜くようにすると良い刺激になります。
耳全体を手のひらで覆いかぶせるように、包みます。猫や犬をなでているかのように、クルクル回してやります。

こんなふうに耳全体をほぐしてやります。休憩時間にやれなかったら片側ずつでも大丈夫です。あとは、歩くことです。トイレ休憩で歩くでしょうが、歩き方にポイントがあります。

足指で床を、強く踏みつけるように歩く。

これです。椅子に腰かけた姿勢だと下半身への血流が悪くなります。耳・口・目と頭がフル回転するために下半身への血流を減らしてでも、頭へ血流を増やすからです。そのときに一番大事な部分へ血流を増やす動きが、自動的に働きます。

休憩中にはそれをリセットするためにも、立ち上げって歩くこと、歩くときには頭から離れている足指にグーと力を入れる。そして血流を下半身に戻してやるのです。

下半身、とくにふくらはぎに滞っている血流、リンパが心臓へ戻りやすくなります。それは頭も含めた全身の血液量も元に戻してくれるのです。

頭痛肩こりも当院で施術していますので、説明ページをご覧ください。

小倉北区 整骨院 整体

コメント

*