電話する予約簡単です

運動不足って何? 片野整骨院ほっとひと息サロンです。

運動不足って何? 片野整骨院ほっとひと息サロンです。
朝のラジオ体操
朝のラジオ体操

ロコモティブシンドローム

身体を動かすのに必要な器官に障害が起こり、自分で移動する能力が低下して要介護になる危険度が高い諸症状”のことをロコモティブシンドロームと称しています。
日本整形外科学会が、7つの確認動作を上 げています。

  1. 片脚立ちで靴下がはけない
  2. 家のなかでつまずいたり滑ったりする
  3. 階段を上るのに手すりが必要である
  4. 横断歩道を青信号で渡りきれない
  5. 15分ぐらい続けて歩けない
  6. 2キログラム程度の買い物をして持ち帰るのが困難である
  7. (布団の上げ下ろしなど)家のやや重い仕事が困難である

「運動器の障害」の原因には、大きく分けて、「運動器自体の疾患」と、「加齢による運動器機能不全」があります。 運動器とは体を動かす筋肉や骨、関節などを指します。

どんな運動をしたらいいのでしょうか?

なんといっても知名度が高いのはラジオ体操。それにプラスして今から紹介する運動もやってみてください。 この動きは《鍛える》のでなく【ゆるめる】ためのものです。

筋肉は縮むときにパワーを発揮します。鍛えるとは、縮む力を強くすることです。強く長い時間縮むには、より伸びている必要があります。 縮んだままだと、それ以上に縮めることは出来ないからです。 ラジオ体操でも伸ばす動きはありますが、筋肉に力をいれたままでは本当には伸びていません。

縮んでいる筋肉に意識も力も入っていない状態で伸ばす、これが大切です。

重心がかかっている方が伸びる原則

直立しているとき、重心は頭の中心から両足の中央部まで下がっています。そこを中心にして、微妙に揺れています。 人体は完全に停止するときはないですから、重心が動くのは正常なこと。あまりにも動く範囲が大きいのは、なんらかの病気が考えられますが。

さて、重心が中心にあるときには体の中心部が伸びています。身長が一番伸びている状態です。その姿勢から、重心をかかと側に移します。すると、どうなるでしょうか?

次は重心をつま先側に移します。すると、どうなるでしょう?

かかと側に移すと、身体は前に倒れていきます。 反対につま先側に移すと、身体は後ろに倒れていきます。重心を移動することで意識もしないで、力も入れないで筋肉を伸ばすことが出来ます。

関節周辺の筋肉に力を入れないほどに、関節の動きが良くなります。

力こぶ
力こぶ

上腕二頭筋に力を入れると、肘関節が曲がります。 二頭筋の反対側、三頭筋にも力を入れた状態だと肘関節は反する筋肉力が拮抗して動きません。当然のように、二頭筋も三頭筋にも力が入っていないと自由に動き(屈曲伸展)ます。 この場合には手首を振り子のように上下すると、はずみで肘関節が動くのを体験できます。

筋力で関節は動くが、緊張しすぎると動かなくなる

肘関節を動かすのは筋肉の伸縮ですが、筋肉が緊張(力のいれすぎ)しすぎていると逆に動かなくなります。筋肉は負荷をかけて動かすのも大切ですが、それと同じくらいに緩める、弛緩することも大切です。

 

 

 

コメント

*