電話する予約簡単です

和式トイレ存続の危機! 

和式トイレ存続の危機! 

[blogcard url=”https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000049-mai-soci”]

大手便器メーカーTOTOの出荷ベースで1963年に83%だった和式は2015年には0.7%に減少。和式が日本工業規格(JIS規格)から除外され、製品として今後改良されない可能性もあるという。

という事情もあり、学校から和式トイレを無くして洋式トイレに変えていくようです。

和式トイレが一つあるだけで、病気などの感染リスクも高まるし、水洗の水量も多いのは確かです。 また学校は災害時の避難所として使われるので、国としては積極的に洋式に変更していく方針とのこと。

和式トイレは屈伸トレーニングにもなっている

しゃがむ動作は足腰の屈伸トレーニンぐになっています。いわゆるスクワットです。自家用車の多用、座っている仕事の増加、雑巾掛けというしゃがむ機会が減ってきています。

その結果、足腰を日常的に使うことが少なくなって筋力が衰えることは否めません。 和式トイレだけでなく、全般的にしゃがむことが少ないですね。

トイレでしゃがんでいるみたいなスクワット
トイレでしゃがんでいるみたいなスクワット
危なっかしい前屈
危なっかしい前屈

足腰が弱くなってくると、地面に落ちたものを拾い上げるときに単純に手を伸ばします。 拾ったらそのまま不用意に、腰を伸ばして上体を起こしますね。

それが、危険です。

[blogcard url=”https://www.katanoseikotsuin.com/blog/2017/08/05/itaikosi/”]

そうぎっくり腰です。

地面に手を伸ばすときには膝を曲げてから。 そして起き上がるときには、腰を伸ばして上体を起こして最後に頭を戻す。

この順序で行えば、まずぎっくり腰にはなりません。

ここまでやらなくとも良いけれど

これは、ものを拾うにはやりすぎですが・・・

 

 

コメント

*