「筋肉をつける薬はないですか?」『ないです(キッパリ)栄養摂って運動して休養することです』

膝を人工関節に取り替える手術を控えた80代女性患者さんから尋ねられました。手術する前に少しでも筋肉をつけたいと思っておられる熱意を感じました。それでも、楽に筋肉をつけるのは難しいのです。

勝手に筋肉はつかないから

『その筋肉は、自力で運動して栄養(食事も)摂って、休養しないとつきませんよ』と答えました。すると、運動するのは辛いと思っておられるので「薬や注射で筋肉が付かないでしょうか?」と、尋ねてこられたのです。

私たちの“筋肉をつくる力”は、20代をピークに徐々に衰え始め、70代では約半分に低下してしまいます。中年すぎるとよっぽどの意識と意欲と時間を掛けないと、筋肉が増えるのは難しいでしょうね。

外科手術で膝に人工関節が入って、屈伸は出来るようになります。 でも、入院している間に確実に筋力は落ちます。それを少しでも防ぐためにも、手術迄に筋肉をきたえておきたいものです。

手術後にする運動と、その前の自主的な運動。どちらが楽か?

手術前に運動するのが楽でしょうね。試験を受ける前に勉強するのと、試験後に反省して勉強するのはどちらが楽か?と言っているような感じですが。

さて、膝関節が変形してくると出来る運動も少なくなってくるのです。例えば椅子に深く座り骨盤を立てたままで、太ももを引き上げます。上げるときに背中を丸くしないように注意しながら。これが簡単すぎて物足りないときには、太ももに重しを乗せてやってみましょう。

脚を上げるときに意識するのは膝でなく、下腹です。腹筋を使って、太ももを引き上げていくのです。引き上げた時に、膝が自分のアゴにぶつかっていくような角度で上げていきます。外に広がっていかないように注意します。

次は椅子に座ったままで、足首(足関節)を回してみましょう。円を描くように回らないときには、4方向に動かすことから始めます。

1足指を甲側に反らす、➡2足指を足裏に曲げる➡3足裏を内側に向ける➡4足裏を外側へと、4方向に動かします。この動きを出来るだけオーバーにやってみてください。ゆっくりした動作でいいから、大きく丁寧にします。関節がポキポキ鳴るかもしれません。もし膝が痛くなったら、膝のお皿(膝蓋骨)を手のひらで押さえます。

この動きでふくらはぎの筋肉をストレッチしています。ふくらはぎがほぐれてきたら、足の下にタオルを敷いて、足指で手繰り寄せるようにします。

関節が悪くなる前には、その上下の筋肉が悪くなってくる

膝以外の関節が悪くなる前には、その上下の筋肉が悪くなっています。関節のすぐ近くに付いている筋肉が悪くなってくると、関節が痛いと感じます。実際には関節でなくて筋肉が悪くなっているのです。

筋肉が悪くなっている段階で治療や運動などをしていると、関節まで悪影響が出る前に踏みとどまれます。ところが筋肉が悪くなってきても、ほったらかしです。それは《関節が悪くなると予想できない》からです。

関節は上下の筋肉のコンビネーションです。膝なら太ももと、ふくらはぎの筋肉の調和が崩れると、関節が悪くなるのです。筋肉のコンビネーションを良くするのは、適度な運動と必要な栄養分+休養です。

強すぎる運動をすると逆効果で筋肉が傷み、疲れが残ります。栄養分も甘いものばかりなど、余分なカロリーを取ると脂肪にたまります。休養と言っても眠るだけでなく、こわばった筋肉をほぐしてあげる休養もあるのです。

気功の背骨ゆらしも、上半身の緊張をほぐす動きですね。

小倉北区 整骨院

 

予約状況を見ながら、簡単予約できます

片野整骨院ほっとひと息サロン お化粧でなく骨盤矯正で変わります

片野整骨院ほっとひと息サロンの予約はリフレから出来ます
EPARK からだリフレの予約サイトへ

LINE@から1:1トークで、手軽にご予約

友だち追加初めて割りクーポンを配信中。

今日と明日はお電話で。093-482-2010

スマホはタップで電話。パソコンではかかりません。

受付時間とアクセス

片野整骨院ほっとひと息サロン 受付時間

片野整骨院ほっとひと息サロンへの地図

すぐに電話する