電話する予約簡単です

「筋肉をつける薬はないですか?」『ないです(キッパリ)栄養摂って運動して休養することです』

「筋肉をつける薬はないですか?」『ないです(キッパリ)栄養摂って運動して休養することです』

私たちの“筋肉をつくる力”は、20代をピークに徐々に衰え始め、70代では約半分に低下してしまいます。

運動して栄養摂って、休養しましょう
運動して栄養摂って、休養しましょう

ご高齢の膝が変形しており、来年手術予定の女性から尋ねられました。

いま膝がまともに動かせなくて、自宅でも歩くのがおぼつかない状態です。 それで、膝の手術をすれば歩けるようになるかな?と希望をお持ちです。

そこで私が言いました。

歩くには、筋肉が必要です

『その筋肉は、自力で運動して栄養(食事も)摂って、休養しないとつきませんよ』と。

すると、運動するのは辛いと思っておられるので「薬や注射で筋肉が付かないでしょうか?」と、尋ねてこられたのです。

成長期ならともかく、中年以降になるとよっぽどの意識と意欲と時間を掛けてやらないと、筋肉が増えるのは難しいでしょうね。 私も、そうなのですが・・・

外科手術で膝は人工関節が入って、屈伸は出来るようになるでしょう。 でも、入院している間に確実に筋力は落ちます。それを少しでも防ぐためにも、手術迄に筋肉を蓄えておきたいものです。

手術後のリハビリテーションに含まれる運動と、その前の自主的な運動。どちらが楽か?

それは、その前の自主的な運動でしょう。

膝関節が変形していると、できる運動も限られてきます。椅子こに座って、太ももを引き上げる動きをする。そのときに、太ももに重しを乗せてやってみる。 上げるときに意識するのは、膝ではなくて下腹です。腹筋を使って太ももを、引き上げるようにしていくと効果的です。

椅子に座ったままで、足関節を回してみましょう。クルクルと回せないようならば、4方向に動かすところから始めます。

足指を足の甲側に反らす、次は足裏に向けて曲げる、そして内側・外側と4方向に動かします。その4方向を連続して繋げていくと、円の動きになっていきます。 この動きはふくらはぎの筋肉を使っています。

コメント

*