電話する予約簡単です

立ち上がりが出来ない患者さんも、こうしたら立てました

立ち上がりが出来ない患者さんも、こうしたら立てました

右股関節を手術されています。 そして来年2月には左ひざ関節を手術して、人工関節に取り替えます。
そんな状態の80歳女性患者さんが、来院されました。
手術前に、少しでも筋力をつけておきたいと希望されています。

[blogcard url=”https://www.katanoseikotsuin.com/blog/2017/12/11/motion/”]

まず体の状態を確かめました。 上半身・腰には異常がなくて、お尻の筋肉も使える状態になっています。右股関節の人工関節への手術経過も順調とのこと。

お宅では椅子から立ち上がるのが、手すりをつかんでやっとこさ。荷物配達でも玄関に行くまでに、何度もチャイムを鳴らされるほど時間がかかります。

立ち上がるときの、身体の使い方を忘れてしまっています

認知症ほどでないにしても、人は何かしら毎日覚えては忘れていきます。 忘れていけないことは、意識してメモするなり繰り返し確認していきます。

ところが、股関節の手術をして絶対安静の時期を過ごしてリハビリテーションをして歩けるようようになっても、それ以前の体の使い方を忘れます。

 

人工物が入った歩き方とは異なっているから、以前の歩き方を忘れてしまうのです。 その関連で椅子からの立ち上がり方も、思い出せない状況になっていました。

しかも左膝関節は変形しており、より歩き方が難しくなってきました。

「膝の手術をしたら、前のように歩けるはず」

と、希望を抱いているのですが、歩けるような膝関節に置き換えるのが手術の役割。 ですが、実際に体を動かしていくのは、その後のリハビリテーションに掛かっています。

そこで、こんな動作をお伝えしました。

立ち上がり時には、両手を胸の前で向う側へクルクル回します。 座るときには、内側に回します。

たったこれだけで、簡単に立ち座りが出来るようになりました。

「こんなこと初めて習いました」と、感激されていました。 この動作は

[blogcard url=”https://www.amazon.co.jp/古武術で毎日がラクラク-―疲れない、ケガしない「体の使い方」-荻野-アンナ/dp/439661277X/ref=pd_sim_14_32?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=C3CFP21XEYQJEXTQEZE1″]

この本に書かれていたものです。

甲野善紀さんが実践されている古武術をもとにしています。

1本歯の下駄
この下駄も甲野さんで知りました

整骨院の受付下に置いている1本歯の下駄も、甲野さんの本で知りました。 屋久島時代に東京の下駄屋さんに注文して取り寄せました。 ちょうど竹馬の要領で履きます。 背筋が伸びてスッキリします。

達人でこれを履いて山道を滑走するように、走り抜けるそうですが・・・

 

 

 

コメント

*